株リッチプロジェクトはそもそもなぜ、低位株売買なのか?

株リッチプロジェクトはそもそもなぜ、低位株売買なのか?

株リッチプロジェクトにはテキストの第1章で【なぜ、低位株トレーディングを行うのか】という項目があります。

まずそもそも株リッチプロジェクトで低位株売買を教材のメインにした理由がかいてあるんですが、
これがともて理にかなっていて合理的な投資方法だとわかるんです。

というのも、株投資をしている会社員は職場で仕事をしている時は相場を確認できないので、基本、デイトレードのようなことは不可能です。なので、多くのサラリーマン投資家たちというのは決算書を読み込み、割安株を見つけ出し、投資しているようです。

株リッチプロジェクトはとても魅力のある投資の手だてのひとつです。

でも、株の売り買いにはいろいろなリスクも伴います。
株の主なあやうさとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。株リッチプロジェクトは定期預金などとは別で、元本の保証がないのです。

株の初心者は、その危うさを十分に認識して注意深く投資を行う必要があります。株の新米から投資低位株はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、私的には最低100万円位は用意しないと、株リッチプロジェクトを開始することは困難だと思います。

その根拠はこの程度の資金があれば株式上場されている多くの銘柄の中から気に入った投資する会社をセレクションすることができるからです。

株リッチプロジェクトを行う場合には、単元株式の他の、ミニ株式を買い入れる方法も存在します。単元株では投低位株が高すぎて購入できない株式を買いたい時には、ミニ株でちょっとずつ買い取ることによって、一度に大金を準備しなくてもほしい銘柄を買い取ることができます。

株の空売りを実際に行っている株リッチプロジェクト初心者は少ないものと思われます。

気持ちはわかりますが、株リッチプロジェクトをこれからずっと続けていこうと考えているのなら、理解しておいたほうがよい技術だと考えます。その理由は、空売りについて理解するということは購入するほうの気持ちだけでなく、売る方の気持ちも気にしていくようになるので、行える取引の幅が広まり、株取引がより楽しめるようになるからです。
株の売買の方法には、現物株以外にも株リッチは様々にあります。オプションもそんな中の一つなのです。

オプションといったものには買う権利のコールとプットという売る権利とがあって、各それぞれに売買ができ、これら四つの組み合わせによって、自由自在に投資戦法を組むことのできるデリバディブ投資です。

かなり魅力的な投資法ではありますが、豊かな知識が必要となります。

私は好きな有名どころの株を保持しています。
配当が年に一回出るのですが、配当で貰ったお金だけではなくて優待で色々なものがついてくるのが嬉しいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ